所在地 千葉県四街道市大日973-13
043-308-3613
mikogyo@ybb.ne.jp

お任せ下さい 
解 体 工 事


総合解体工事業・産業廃棄物収集運搬業・外構工事などを含むその他の工事。
株式会社 エムアイ工業 

↓ 当 社 の 現 場 風 景 ↓

このサイトには沢山の情報につながるリンクを設けています。

今一度、全体をご参照いただければ幸いです。

今すぐ質問したい・聞きたい!と思ったら吉日。
 ☎:043-308-8346 へご連絡ください。

お客様が参照したい項目を、このホームページ内で見つけてご参照ください。
掲載している工事・施工写真はすべて当社の実例写真です。

私たちに出来ること。

お客様のご要望に合わせた、     弊社の創造的なソリューションの提供。

 

一言に解体工事と言っても、その工事工法はお客様毎に違います。

それは、択一されたモノでは逆に困難が生じるため、解体工事は一軒ゝに対しフルオーダーの要素が必要となります。

近隣への対策対応・動線道路状況・外構撤去の有無・解体工事予算(低予算化の実現)

・敷地内での公共性のある構造物の有無(特に埋設物)など、まったく同じ解体工事はありません。

私どもは現場に合わせ、創造力をフルに活用し安全な・近隣へご迷惑をかけない・リサイクルを伴う・お客様のニーズに沿った工事完了を提供いたします。

↑成田市 

戸建て住宅の外構工事

(道路面正対垂直1/2カット)

この外構工事は道路から見て縦に左側1/2を撤去する工事です。保全が必要な構造物:白い塀や通路・道路側にあるU字溝・最終枡・ガス管の位置標識です。

↑千葉市稲毛区

鉄筋2階建

RC(コンクリート)造家屋・解体工事

普段目にする鉄筋コンクリートの家屋解体工事です。灰色シート(防音)を用い、十分な散水を行うことにより、コンクリート破砕時に発生する粉塵を抑え、音の伝搬を防ぎ、近隣にご迷惑をお掛けしない様に努めております。

解らない?!

どんなご質問でもご連絡ください。

解体工事は、一生に一度の大事業です。.しかし、ご予算・各種手続き・業者選びなどお客様が行うべき作業も多岐にわたります。そんな時、是非弊社へもお問い合わせ下さい。各自治体で行われている解体工事に関する助成金の紹介や必要な手続きにおける書類などのお手伝い・弊社の無料お見積りなど、お客様が満足できる無料サポートをトータルでご提案させていただきます。

tel:043-308-3613
解体工事を
 次のステップへ、

解体工事は、構造物を解体するだけでは御座いません。安全第一・近隣へご迷惑をお掛けしないための施策と実行・リサイクルに配慮した解体材の分別など、多種多様な要素を一つ一つ解決しながら作業を進め、最後の工事完了を目指しております。

そのため、定期的に会議や勉強会を実施し、各人および会社全体のスキルアップを行い、お客様のサービス向上に努めております。

 

営業から一言、

私ども、株式会社 エムアイ工業は操業してまだ3年目の会社ですが、経験豊富な熟達者が安全作業を第一義として若手社員を指導・育成しております。

時々現場に顔を出しますが、ご近所の方と笑顔でお話をされていたりと、ご近隣の皆様へご迷惑をかけていない様が伺えます。また、毎日の現場の片づけや工事完了などがとても綺麗です。

解体物件も、カーポート(駐車場の車用庇)や物置・住宅や店舗・操業100年を超える老舗工場(大型)の解体と多くの解体を手掛けております。

解体工事とは、構造体を解体し更地にするだけでは御座いません。リフォーム(原状回復)・リノベーション(つくり変える)などの案件では構造体を保全しつつ内装及び構造体の部分的な内部の解体工事などもございます

未来を語る工事の話を、私どもへ案内をさせてください。 
当社へ是非ともお声掛け頂きたくお願い申し上げます。

 

解体や外構工事をお考えならば、

今、一部の地方自治体が解体工事に対し助成金制度を行っております。また、解体工事は大切な資産を夢に変えることができる源泉です。是非、当社へもお手伝いをさせていただけたら幸いです。私どもの活動許可地域は茨城県・埼玉県・神奈川県・千葉県・東京都です。

株式会社 エムアイ工業  電話:043-308-3613

簡単なメールでお問い合わせ。

工事の対象物件(家・土間・駐車場など) 

大きさ(□□□㎡や1階□□□坪2階□□□坪など)

・お客様のご要望(ご質問など)
・お客様のご連絡先(お名前・電話・メールアドレス)、お電話の場合ご都合のよい時間。

✉お問い合わせメール

 

地球にきれいな水と空気を、

エムアイ工業

リサイクルでエコロジーを実現する
株式会社 エムアイ工業

 

 

Contact form will be displayed here. To activate it you have to set the “contact form shortcode” parameter in Customizer.